ドロ沼系マンガ感想

『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』は面白い?ネタバレ無し&ネタバレ有りの感想ブログです

ちほ婚_38歳マッチングアプリ

今回は、松本千秋さんの
『38歳バツイチ独身女が
マッチングアプリを
やってみた結果日記』を
ご紹介します。

37歳で離婚し独身となり
マッチングアプリ沼に
ハマってしまった女性の
実体験マンガです。

私が営業する結婚相談所でも
38歳女性の婚活は
アラサー女子よりは難しいです。

ですが同じ38歳女性でも
場所と考え方を変えれば
これだけモテるのか!と
新鮮な驚きを感じました。

作者と同世代の女性で
男性にモテたいという
願望がある方にとって
参考になるマンガです。

華々しいモテ体験の紹介と
アラフォーバツイチでも
なぜこれだけモテるのか?
その理由について考察しています。

38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記の感想

以下、ネタバレを含みますので
ご注意ください。

38歳バツイチ独身女が~結果日記の概要/あらすじ

タイトル:『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』
作者:松本千秋
出版社 : 幻冬舎
発売日 : 2020/10/7

作者:松本千秋さんについて

【経歴】
1980年生まれ。東京都出身。
映像制作、映像編集
専業主婦
銀座ホステス
イラスト業
受賞を機に漫画家デビュー。

【受賞歴】
幻冬舎×テレビ東京×note
「#コミックエッセイ大賞」入賞

【作品】
38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記(幻冬舎)
トーキョーカモフラージュアワー(少年画報社)

【婚歴】
人生で初めて付き合った男と24歳で結婚。
33歳で別居し、37歳で離婚。

38歳バツイチ女性でもモテる理由

最初に結論を言います。

アラフォー女性でも
マッチングアプリでモテたいなら
結婚願望(欲)を捨てるべきです。

漫画の中でチアキさんは
再婚相手を探していない
結婚がつまらなかった
そのように話していました。

そもそもチアキさん自身が
初めて交際した相手と
24歳で結婚して
37歳で離婚が成立した経歴をお持ちです。

独身となった今だからこそ

37でやっと籍が抜けたのよ!
失った青春を取り戻したいじゃない!

こういう思いがあるんですよね。

男性との交際経験は多いものの
未だ独身の友人は
最後の男性(結婚相手)を求めています。

マッチングアプリを利用する
大多数の男性にとって
この友人のような女性は重いですよね。

そういった出会いを求めるなら
婚活アプリの方が最適です。

再婚相手を探していない
将来を見据えた
交際相手を探していない

そんな女性だからこそ
マッチングアプリで数多くの男性と
出会えたと言えるでしょう。

※あくまでも「数多くの男性」です。
年下のイケメン男性にモテるのは
チアキさんが美人だからこそですね。

チアキさんが出会った男性一覧(13名)

  • 1人目:大学2年21歳
  • 2人目:大学生/芸能事務所所属で役者志望
  • 3人目:ハーフのファッションモデル
  • 4人目:保険の営業/26歳
  • 5人目:新卒1年目映画会社
  • 6人目:37歳編集者
  • 7人目:早稲田大学2年生
  • 10人目:会社員、ネットタレント
  • 11人目:大学生20歳/ハーフでモデル
  • 12人目:25歳不動産業
  • 13人目:23歳新入社員/一橋卒

アラフォー女性のマッチングアプリ体験

登録から3分で103マッチ!

チアキさんは友人にすすめられて
マッチングアプリに初めて登録しました。

性別 女性
年齢 38歳
職業 自営業
名前 chiaki
対象 半径1km以内のみ

初期設定はこちらのみで
写真は斜め上から撮影した
伏し目がちの画像を使用。

半分以上はスタンプで隠したそうです。

それでも3分もしない間に
103マッチングという
人気ぶりだったそうです。

勧めてくれた友人は静岡県在住で
10km圏内でもマッチしなかったので
同じアプリでもずいぶん差があります。

一方、チアキさんは半径1kmですから
やはり東京はチャンスが多いですね。

1週間で7人とデート

最初は30代も含めていたものの
Facebook等で調べると
全員が既婚者だったそうです。

そのため、チアキさんは
20代に限定することにしました。

年齢を気にしない若い男子達

ハイスペックな上場企業系男子や
モデルもしているイケメンやら
大量の男子とデートを重ねるチアキさん。

それを聞いた友人から
こんな質問をされました。

友達>
でもその天国みたいな出会いは
行きつく先は何処なの?
付き合うの?

チアキ>
付き合うのは多分ないかな…

イケメン依存症にならないでねと
友人から忠告されました。

イケメン沼にハマるチアキさん

選ぶ側にいるチアキさんは
アプリの男性を外見で選んでいます。

それだけに男性と会っても
どの相手も「生理的にムリ!」がありません。

翌朝、目を開いたときに
隣にキレイな顔があるなんて
幸せな時間ですよね。

まさにイケメン沼に
ズブズブとはまっていきました。

「モテたい」のか「結婚したい」かを選ぶことが重要

チアキさんの実体験を見て
40歳手前の女性でもモテるんだ!
そう思った方もいると思います。

マッチングアプリは
一部のイケメン男性を除けば
女性の方が有利な立場にいます。

これは私の営業している
結婚相談所でも同じですが
マッチングアプリと大きく
異なる部分があります。

それは重い女性の
評価のされかたです。

将来(結婚)を見据えた
交際を希望しているかどうか。

恋愛と結婚は別。

軽やかに交際を楽しみたい
しかも恋愛初期の楽しい部分だけを
楽しみたいのであれば
年齢なんてそこまで
重要視されないのかもしれません。

チアキさんレベルでなくても
ある程度の外見スペックは必要なのは
言うまでもない切ない現実ですが・・・
(結局、見た目が9割?)