ハラハラ系マンガ感想

『女社会の歩き方』あらすじとネタバレ含む感想レビュー!販売業で働く女性が共感&スカッとするマンガ

img_女社会の歩き方感想ブログ

ぼのこさんの
『女社会の歩き方』
感想ブログ記事です。

ベビー・子供服店にて
7年間働いてきた
作者の体験談を元にした
コミックエッセイとなります。

最終回までを含めた
感想についてまとめました。

『女社会の歩き方』作品概要

created by Rinker
¥654
(2021/11/30 01:05:20時点 Amazon調べ-詳細)

タイトル:女社会の歩き方
著者:ぼのこ
出版社:KADOKAWA
発売日:2020/4/23

登場人物

●ぼの田ぼのこ
主人公。
子ども服ブランドの
B店へ異動してきたばかり。

●盛田店長
40~50代ぐらいの
無口で不愛想な女性。

●キツイさん
入社7年目。
自分に対しても
他人に対しても厳しいタイプ。

●イケズさん
入社4年目。
強者にすり寄るのが上手なタイプ。

●横取さん
売り上げNO1を維持しているが
やり方は若干強引なところがある。

●ヒヨ森さん、リス林さん
ぼのこが移動する前から
B店で勤務している新米スタッフたち。

あらすじ

花形店と呼ばれる店に
異動してきた主人公ぼのこ。

そこはマウンティングや
愚痴に悪口、陰口、告げ口
理不尽な現場ルールなど
まさにブラックな職場でした。

周りに合わせてみたものの
不満と怒りが限界に達した
ぼのこはついに決意します。

「見返してやろう」
「この店を変えてやろう」

それを達成するために
店長を目指すことにしたのです。

これまで自分にとって
都合よい環境を維持してきた
先輩スタッフ達は
当然、面白くありません。

本当の味方がいないなかで
果たして彼女はどうやって
高みを目指しいくのか?

そんな女同士の戦いが描かれた
コミックエッセイです。

『女社会の歩き方』を無料で読む方法

今月(2021年9月)は
『女社会の歩き方』が
Amazonの読み放題対象になっています▼
img-女社会の歩き方
スマホ、タブレット、PC等で
マンガが読める人なら簡単に使えます。
(kindle端末は不要です)

初めて利用される方であれば
30日間無料で利用することが出来ますよ。

継続不要な場合は終了日前に
解約手続きを行ってくださいね。

月が変わるタイミングで
対象の本が変わることが多いので
利用する場合は月末前にお試しください。

『女社会の歩き方』
読み放題をチェックする

Kindle Unlimited 会員は
このタイトルを追加料金なし

↑このような表示があるか
念のため確認してからご利用くださいね。

【注意】ここより以下はネタバレ含みます!

【ネタバレ含む感想】このマンガの見どころ3つ!

女性販売員同士のドロ沼がこわすぎる

鼻つまみな女性達

新人いびり

B店というのはグループ店舗の中で
花形店舗と呼ばれています。

B店のスタッフは自分達は『花』であり
他店から異動してきた従業員に対しては
陰で『雑草』と呼んでいたのです。

当然、他の店舗からやってきた
主人公ぼのこは当然、雑草扱い

ぼのこは、この店の中では
新人扱いだと先輩から言われます。

電話の対応やゴミ出しなど
雑用は新人の仕事であり
先輩がしていたら
それを奪ってでもやるのがルール
電話中の女性
それなら手をつけずに
放置しておけばいいものの
先輩イケズさんは
あえて自分がやろうとします。

新人が気が付くかどうか
わざと自分が先に手を出すわけです。

うっかり新人が後れを取れば
鬼の首でも取ったかのように
どうして先輩にやらせるんだと
ネチネチ、グチグチ・・・

まるで当たり屋(笑)
相当、性格がゆがんでいますよね。

後輩の売り上げを横取りする先輩

img_ピースする女性
後輩の売り上げを
ちゃっかり自分のものにする
横取さんという先輩もいます。

もともと横取さんは営業力が高く
売上実績ではB店ナンバーワンです。

このお店は小さな店舗ですが
横取さんとそれ以外(キツイ・イケズ)
という派閥がありました。

盛田店長はキツイ組を
支持しているように感じられます。

そのため横取さんは
売上No1という強い立場を
維持する必要があるのでしょう。

でも、後輩の売り上げを取るのは
味方を自分から排除する行為なので
そこは浅はかですよね・・・

店長に相談してもムダ

立ち直れない女性
人間関係によるストレスの影響で
身体に異変が現れた主人公ぼのこ。

店長に訴えましたが
もっと辛い状態の人もいると
取り合ってくれませんでした。

本当に底の見えない
地獄のようなブラック職場です。

主人公と他のスタッフとの温度差

img_前に進む女性
職場環境の不満から
自分が店のトップになる
主人公ぼのこは決意しました。

店長を目指すための第一歩として
まずは売り上げNO1の
横取さんの接客を研究します。

また、お客様のどんな疑問にも
答えられるよう
素材についても勉強し始めるのです。

そんな様子を見た店長が
放った言葉がすごい。

「真面目アピールはもういいよ」

え、そんなこと言っちゃう・・・?
腕を組む女性
スキルアップをしたいから
研修に参加したいと
ぼのこが相談した時は
「やだこっわー」と言う始末。

心に冷水をかけられるような
ひどい言葉です。

参照(レタスクラブ)
「やだこっわー」スキルアップしたいと店長に相談したら下剋上狙いかと鼻で笑われ…/女社会の歩き方(20)

部下の成長意欲をバカにする店長なんて
管理職として失格ですよね。

むしろ会社に不利益を与える存在ですから
降格して欲しいぐらいです。

こんな店長がいる職場では
成長しようと思う気持ちは
どんどん萎んでしまうのは当然でしょう。

同僚に嫉妬される主人公

img-雑草
店長に断られた研修ですが
たまたま店に立ち寄った
人事の方に相談したところ
ぼのこも参加出来るようになりました。

研修はもともと決まっていた
キツイさんと一緒です。

何か言われるのかと思いきや
意外にもキツイさんは
特に何も言ってきませんでした。

むしろ、ぼのこの行動を
苦々しく感じたのは後輩のイケズさん。

みんながガマンしているのは
順番を待っているからだ。

それなのに、なんであんたは
それを守らないのか?と
厳しく指摘されてしまいました。

参照(レタスクラブ)
「なんであんたはいちいち周りと違うことするの?」私はチャンスを逃したくないだけなのに/女社会の歩き方(21)

この店でずっと耐えてきた
イケズさんの気持ちも分かります。

部活で言えば2年生の気持ちですよね
自分たちは辛くても耐えてきたのに
1年生がルールを無視するようなもの。
img-あひるちゃん
でも、理不尽だな、おかしいなと
思っていたのは自分たちも同じのはず。

それを変えようと行動してこなかったのは
自分がみずから選んだことなんです。

確かに「ずるい」という
気持ちは分かりますが
ぼのこさんはリスクを取って行動しています。

ガツガツしている横取さんも
周りに嫌われるリスクを取っていますね。

盛田店長に合わせるだけでは
イケズさん自身が
成長することは出来ません。

リスクを取る勇気がある人ほど
大きなリターンが得られていることに
気が付いて欲しいですね。

部下のやる気を下げまくる店長の存在

img_お手上げな女性_26
このB店の雰囲気が悪いのは
何より店長の影響が
大きいことがわかります。

盛田店長が不動のリーダーとして
自分の都合が良いように
この店のシステムを固めてしまいました。

そこに新しい風を入れたのは
主人公ぼのこと
後に異動してきた2人の女性です。

ぼのこさんは新たな学びを得て
キツイさんと共に成長していきます。

徐々にお店全体の雰囲気も
良くなってきました。

やはり最大の壁は盛田店長

img-壁を背にする女性
お店の雰囲気が良くなってきたとはいえ
ぼのこが店長を目指すうえで
盛田店長は避けて通ることは出来ません。

なぜなら半年おきに行われる
人事考課は店長との面談があるからです。

ぼのこ自身がどれだけ頑張っても
本気で話を聞いてはくれません。

どんなに理由を説明しても
どんなに実績を重ねたとしても

「こういう決まりだから」
「あなただけ特別にするわけにはいかない」

盛田店長には話が通じないのです。

長年同じところで店長職をしていると
本部からは数字を求められるだけで
モチベーションも上がりにくいと思います。

でも、部下を育てるのも管理職の仕事のはず。

本当に周りの環境って大きいですよね。
ましてやそれが上司なら、です。

相性の合わない盛田店長によって
ぼのこはやる気を一気に失ってしまいます。

果たしてぼのこは
店長になることが出来るのか・・・

この作品に関連するオススメ漫画

img-マンガMeeおすすめ仕事漫画01
同じく販売業で働く女性の
おすすめマンガを紹介します。

1作目は明治末期の
今でいう百貨店のようなお店。
店の再建を目指す男性経営者と
そこで働く女性の成長が楽しいです!

2作目はこだわりのパン屋さん。
商品にこだわれば利益が出ない
どこまで自分の好きを追求するか?
大人の恋愛模様も味わい深いです。

3作目は新宿百貨店の
婦人服売り場が舞台です。
畑違いの売り場から
スキルを上げていく主人公が頼もしい!

いずれの作品も
無料アプリで読めますよ♪

最後に『女社会の歩き方』の結末に思わずガッツポーズ!

created by Rinker
¥654
(2021/11/30 01:05:20時点 Amazon調べ-詳細)

この作品の前半を読むと
このまま嫌なエピソードが
延々と続いてしまうのかと
不安になるかもしれません。

ですが最終的に雰囲気の良い
職場へと変化していきます。

それは、主人公1人の力ではありません。

img-あひるちゃん

意地悪をするのは
つまらなくてヒマだから。

どうでも良いことばかりが
目につくのです。

仕事中にヒマなのは
目の前の仕事にやる気が持てないから。

でも、最初からやる気が持てないなら
入社することもなかったはずです。

どうして悪い方へ変わってしまったのか?

そしてどうしたら良い方向へと
変わっていけるのか?

『女社会の歩き方』は
そんなヒントが詰まった
良い参考書だと思います。

この作品に関連するオススメ漫画

今回の作品と関連したテーマの
マンガ感想記事が他にもあります。
下記のリンクからご覧くださいね。

サクセスストーリーをテーマにした作品感想