ハラハラ系マンガ感想

『わたしは家族がわからない』あらすじとネタバレ含む感想レビュー!読後がめっちゃ重いので要注意

img-わたしは家族がわからない感想

やまもとりえさんの『わたしは家族がわからない』を読んだ感想ブログです。

娘がいる、ごくごく普通の3人家族の物語にも関わらず、これだけ読む人を選ぶコミックエッセイは珍しいと思います。

好き嫌いではなく「分かる」か「分からないか」という意味で、読者を選ぶ作品だと私は感じました。

このブログ記事では、最終回までを含めた感想についてまとめています。

『わたしは家族がわからない』作品概要

タイトル:わたしは家族がわからない
著者:やまもとりえ
出版社 : KADOKAWA
発売日 : 2022/6/22

登場人物

●星野美咲
結婚後に苦労した母親を見てきたため、平凡な家庭が一番だという信念を持っている。週に4日パートとして就業中。

●星野ひまり
美咲と誠の一人娘。活発な性格で幼児のころは相当なパパっ子だった。

●星野誠
穏やかで真面目なタイプ。お酒も飲まず、特に趣味は無く、家族優先の優しい父親。大学卒業後から市役所で働いている。

●通称おかあちゃん
夫のDVから子供を連れて逃げて来たシングルマザー。サバサバしているが、他者に対して気配りが細やかな女性。

あらすじ

img-父親と母親からの影響
星野家は役所で働いている穏やかで真面目な夫、パートで働く妻、元気でパパが大好きな保育園児の娘という、ごくごく普通の家族です。

ところがある日、父親が連絡もなく家に帰らないという事件が起こります。

連絡が取れないまま1週間が過ぎた頃、いつもの時間に夫は家に帰って来たのです。妻は夫を責めることなく受け入れました。

それから数年後、中学生になった娘はふとしたことから父親の秘密を知ってしまいます。

幼い頃に父親が帰ってこなかった記憶と、今回のことは関係しているのではないか?モヤモヤを抱えながら、誰にも話せないまま時は過ぎていくばかり。

ごくごく普通の家族という形が、少しずつ変わり始めたその先の決断とは・・・

この作品がお勧めできる人・できない人は?

▼お勧めできる人▼

小説をよく読まれる方
セリフ以外の表現を汲みとれる方
考察する余地がある作品が好きな方

▼お勧めできない人▼

分かりやすい物語を好む方
アニメや映画を倍速で視聴する方
物事を曖昧にするのが許せない方

管理人
管理人
ちょっと違うなと感じた方は下記の作品をどうぞ

▼浮気した妻が逆ギレ!そして夫は▼
『妻が鬼畜不倫、 僕は復讐することにした』あらすじとネタバレ含む感想レビュー!サレ夫は復讐出来たのか?

【ネタバレ含む感想】このマンガで考えさせられたところ

【注意】ここより以下はネタバレ含みます!

管理人
管理人
今回は作品を読んだ人と感想を言い合いたい!という方に向けた内容となっております

優しさを社会に向けるか家族に向けるか

この『わたしは家族がわからない』に、わかりやすい悪人は出て来ません。

細かいところを言えば、美咲の父親がおそらくDV傾向だったり、他に2名ほどガチのDV野郎が登場しますが、いずれも数コマで消えるサブキャラ達です。

メインのキャラクターである星野家の全員、おかあちゃんと呼ばれるシングルマザーは、誰ひとりとして悪者ではありません。
睨み合う夫婦
もちろん人間ですから、ちょっとワガママだったり、コミュニケーションが欠けていたり、頼るのが下手だったり、ちょっと打算的な面もあったりと、多少の悪い部分は持ち合わせています。でもそれが普通の人ですよね。

物語の中で結果的に家族を苦しめたのは、父親である誠が取った行動です。でもそれは誠が優しいからこそ起こりました。他人事だと思って見過ごせなかったからです。

誠が冷たい人間ではなかった為に、家族を傷つけてしまいます。優しさを向ける方向が家族ではなく、社会だったんですよね。

管理人
管理人
善いことが悪い結果になる・・・まさにヤマアラシのジレンマ

普通の幸せを望むことは悪いこと?

img-家を売買する
もちろん誠も、最初から迷いなく行動していたわけではありません。たまたま、モヤモヤした誠に妻や娘が何気なく口にした言葉が、小さなトゲとして刺さってしまったこともきっかけのひとつとなりました。

美咲には「普通が一番」「平凡が一番」という信念があり、それは結婚で苦労した母親の影響から生まれたものです。

母の恨み言を聞き続けてきた美咲からすれば、優しく穏やかな誠とならば、安定した家庭が築けるだろうという期待もあったのでしょう。

決して美咲は「タワマンに住みたい」「娘を有名私立に入れたい」などとは言っていません。子供の頃に持った普通の家庭への憧れ。それを叶えるために美咲は一生懸命だったのです。

そのささやかな憧れが、誠の中で負の感情を生んでしまう要因になってしまいました。

美咲は自分の生い立ちについて、夫に話したことは無かったかもしれません。もし、知っていたら違う結果になっていたかもしれません。

妻に対してだけでなく、娘のひまりが幼少の頃に言った言葉すら、その時の誠にとって引っ掛かる理由のひとつになりました。

管理人
管理人
こんなに繊細だと、うかつに話しかけられませんね

幸いにも娘はこの時の父親の気持ちを知りません。もし知ってしまったら、自分を責めてしまったかもしれませんね。

『自分より不幸な人がいるんだから、あなたは今より幸せになろうとするのは贅沢だ』と言われたら、あなたはどう答えますか?

管理人
管理人
私は見えない天井をつくる、ノミの実験を思い出しました

難しい題材を扱った作者がスゴイ!

img-公園と木漏れ日
ここまで書いてきた通り、善いことだけど、良い結果じゃない。あっちを立てればこっちが立たず。善と悪とは?正しいのに不幸とは??という、頭の中が悶々とさせられる物語でした。

このブログ記事を書いているのは発売されて8日目とまもないですが、すでにAmazonレビューは34件ついています。

KADOKAWAのコミックエッセイはレビューが他社より多いのが特徴ですが、それを含めても異例の速さではないでしょうか。

その評価も星5つが最も多いとはいえ、全体的にものすごく評価が割れています。これはだいぶ賛否が分かれる作品だというのが分かりますね。

管理人
管理人
私的には良い意味で考えさせられました!

きっと作者自身も作品を描くにあたり、大変だったと思います。どこに着地していいのか苦しかったのではないでしょうか。

あとがきにはその辺りのことも書かれています。いや、本当にお疲れさまでしたと伝えたいです。

管理人
管理人
やまもとりえさんは言葉に出来ないモヤモヤを、形にするのが上手な作家さんだと思います

最後に『わたしは家族がわからない』の結末に心がザワつきました

最終回のラストページでは、過去形のセリフが交わされます。そして最後のコマのセリフ。その2つから、いったい何が起こったのか大半の読者は脳内でストーリーが展開されるはずです。

夫である星野誠は、他人の意思を継いだのだと分かります。

社会全体で考えたら良い人だけど、家族という単位で考えたら・・・重すぎる決断をしたなと思います。

もしかしたら誠と美咲はお互いに自分が感じたこと、思ったこと、考えていることを話せたら結末は変わっていたかもしれません。

本音を話してお互いに価値観が違うと分かっていれば、心の整理が出来たと思うんですよね。許せるか許せないかは別としてですが。

何が起きているのか分からないまま関係を終わらせられると、された側は立ち直るのにものすごーく時間がかかるのですよ・・・。

管理人
管理人
美咲は子供時代に加えて妻としてもトラウマを重ねることになりました。でも諦めないで幸せを目指して欲しいです!

他にもあります『夫婦のすれ違い系』マンガ作品情報

▼誰もが羨む家族だったのに▼
『消えたママ友』ラストの闇が深い!ネタバレ無し&ネタバレ有りの感想・考察ブログです

漫画を読み放題で読むなら(30日間の無料体験あり)

Amazonの読み放題サービス『Kindle Unlimited(通称アンリミ)』を使えば、対象のマンガや雑誌を1冊まるごと全話読むことが出来ますよ。

スマホ、タブレット、PC等で簡単に使えますよ。しかも初めて利用される方であれば、30日間無料で利用することが出来ちゃいます。

Kindle Unlimited 会員は
このタイトルを追加料金なし

↑本や雑誌に対して、このような表示があるか確認してからご利用くださいね。

AmazonのKindle Unlimitedについて
  • 雑誌・小説・料理本など幅広いジャンルが対象
  • 同時に20冊キープ出来る
  • 専用の端末は不要(スマホでもOK)
  • 初めてなら30日間無料
  • 継続した場合は月額980円(税込)で読み放題
  • 利用の解約、再開が簡単にできる
管理人
管理人
どんな作品が対象になるのか知りたいという方は、こちらのKindle Unlimited対象のマンガ感想リストをご覧ください。

Kindle Unlimitedについて、もっと詳しく知りたい方は、『Kindle Unlimitedとは?元が取れるひと・取れない人について簡単に説明します』で説明しています。

▼すぐに利用されたい場合はこちらから▼
Kindle Unlimited 登録ページ※Amazonのサイトに移動します