ハラハラ系マンガ感想

『母親に捨てられて残された子どもの話』あらすじとネタバレ含む感想レビュー!この話は実話なのか?

img_母親に捨てられて残された子どもの話

今回は、菊屋きく子さんの『母親に捨てられて残された子どもの話』を読んだ感想をまとめました。

この作品は実話であるとは表現されていませんが、実際はどうなのか?その辺りの考えも書きました。

最終回までを範囲としたネタバレを含みますので、気になる方はご注意下さい。

母親に捨てられて残された子どもの話について

作品概要
出版社 : KADOKAWA (2020/3/13)
発売日:2020年03月13日
著者:菊屋 きく子

登場人物

  • ゆき(母親の顔を知らない中学生)
  • 父親(仕事に忙しく接する時間がない)
  • 祖母(いつもピリピリしている)

あらすじ

塾講師のアルバイトをしている、大学生ゆきの過去が舞台です。

ゆきは物心がつく頃には、すでに母親はいませんでした。そのため、父と祖母の3人で暮らしていました。
ボールで遊ぶ子供
祖母は幼稚園の迎えに来たり、食事の用意などの身の回りの世話はしてくれました。

ですが手をつないでくれたことは、一度もなかったそうです。

父親は仕事をしてばかりで顔を合わせる機会がありません。

たまに顔を合わせることがあっても、娘と目を合わせてくれないのです。
暗闇にいる男性
休みの日も自分の部屋にこもりがちで、話しかけても「忙しいから」と断られます。ほとんど口を効いてもくれませんでした。

ゆきは生活には困っていないものの、家族に甘えることが出来ない寂しい子ども時代を過ごしてきたようです。

『母親に捨てられて残された子どもの話』は、ゆきが大学生になるまでを描いた物語となります。

『母親に捨てられて残された子どもの話』を全話無料で読む方法

今月(2022年4月)は『母親に捨てられて残された子どもの話』が、Amazonの読み放題対象になっています▼

残念ながら読み放題期間が終了しました。定期的に変わりますので、また対象となった時は情報更新致します!
2021-10_母親に捨てられて

Amazonの読み放題サービス『Kindle Unlimited』は、スマホ、タブレット、PC等で手軽に読むことができます。(専用のkindle端末は不要です)

初めて利用される方であれば、30日間無料で利用することが出来ますよ。

継続しない場合は、終了日前に解約手続きを行ってくださいね。早めに解約手続きをしても、期間中はそのまま使用できます。

月が変わるタイミングで対象の本が変わることが多いため、利用する場合は月末前にお試しください。

Kindle Unlimited 会員は
このタイトルを追加料金なし

↑このような表示があるか
念のため確認してからご利用ください。

AmazonのKindle Unlimitedについて
  • 雑誌・小説・料理本など幅広いジャンルが対象
  • 同時に20冊キープ出来る
  • 専用の端末は不要(スマホでもOK)
  • 初めてなら30日間無料
  • 継続した場合は月額980円(税込)で読み放題
  • 利用の解約、再開が簡単にできる

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事で説明しています。

▼すぐに利用されたい場合はこちらから▼
Kindle Unlimited 登録ページ※Amazonのサイトに移動します

【ネタバレ含む感想】結末・実話なのかどうかについて

【注意】ここより以下はネタバレ含みます!

『母親に捨てられて残された子どもの話』の最終回

通常であれば最終話が、最終回になるでしょう。

ですが、この作品に関して言えば、どの話が最終回にあたるのか判断が難しいです。

なぜなら・・・

10話 箱の外(ゆき目線)
11話 父の回想(父目線)
12話 祖母の告白(祖母目線)

ゆき目線で描かれていたはずが、なぜか最後の2話は父と祖母目線で描かれているからです。

私の意見としては、10話 箱の外(ゆき目線)が、この作品の最終回だと捉えています。

家族は心だけでなく、実際にバラバラの道を進みます。

一見、寂しいように感じます。ですが一緒に過ごすよりも、お互いの心が安定するために最適な選択だったのではないでしょうか。

最初は頑張ろうとしていた家族

img_pak_雨の日の水たまり
その後の11話では父目線で、12話では祖母の目線で当時の心境が描かれています。

この2話は最終回というより番外編という内容ですね。

ゆきにとっては、ひどい家族でした。と言っても、二人とも最初は自分なりに頑張ろうとしていたことが分かります。

だからと言って、うまくいかないことや心の底でくすぶっている感情を、子供にぶつけてもいい理由にはなりませんけどね・・・

菊屋きく子先生の実話なのか?

宿題をしながら居眠りする子供_186
『母親に捨てられて残された子どもの話』この作品は実話なのでしょうか?

あとがきを読むとどちらにでも解釈できるような、絶妙な書き方をされています。

出版社の説明によると、この本は『コミックエッセイ』となります。

エッセイとは
気軽に自分の意見などを述べた
随筆。随想のこと。

これらを考えると著者の菊屋きく子さんが、感じたことを描いた作品という位置づけになるようです。

ノンフィクションでは無いけれど、身近で考えさせられるような出来事があったのかもしれません。

作者(菊屋きく子さん)がこの本で伝えたいことは?

葉書と庭で摘んだ名もなき花
このマンガは辛い描写が多いものの、11話(父目線)12話 (祖母目線)で、それぞれの心境を知ることが出来ます。

また、10話ではゆき自身が父、祖母、母親の立場を自分なりに想像する場面もあります。

父と祖母目線の話は作者の菊屋さんが、こうであって欲しいという願いを描いたのではないでしょうか。

ゆきのことは父も母も祖母も見てくれなかったけれど…

担任の先生はゆきの良いところに気付いていました↓

自分を肯定して貰えることが、どんなに有難いことか。

この作品のレビューには
“同じ様な状況だった”
“自分の方がひどかった”
この様な意見も見られます。

10話の最後で、家族仲が良さそうだった友人から意外な話を聞かされます。ゆきは、この様に思いました。

壁の向こうでは
なにが起こっているか
わからない

楽しいことも
悲しいことも
悔しいことも
苦しいことも
みんな平等にある

自分だけが苦しんでいるわけじゃない

もし私と同じような
立場の人がいたら
話を聞いて伝えてあげたい

“もっと自分の意見を
言ってもいいんだよ”

あの言葉が救いだったように
私も・・・・

BL作品を中心に活動されいている菊屋さんが、この作品を描いたのは。ゆきと同じ様な立場の子に“もっと自分の意見を言ってもいいんだよ”そう伝えたかったのかもしれないと私は思いました。

ぜひ読んで欲しい菊屋きく子先生の作品

ハートの風船を掲げる女子三人組
菊屋きく子先生の作品に、家族の誰からも選んで貰えないまま大人になった主人公の話があります。

こちらは完全にフィクションですが、ラストに思わず涙ぐんでしまいました▼

他にもあります『毒親』マンガ作品情報

毒親マンガの感想ブログを読むなら

当ブログでは毒親をテーマにした、マンガ感想記事が他にもあります。

興味のある方はこちらの毒親マンガ記事一覧よりご覧くださいませ。

30日間の無料体験あり!読み放題で読むなら

Amazonの読み放題サービス『Kindle Unlimited(通称アンリミ)』を使えば、1冊まるごと全話読むことが出来ます。

スマホ、タブレット、PC等で簡単に使えますよ。

初めて利用される方であれば、30日間無料で利用することが出来ます。

今回ご紹介した『母親に捨てられて残された子どもの話』も、定期的にAmazonの読み放題対象になっています▼

2021-10_母親に捨てられて

Kindle Unlimited 会員は
このタイトルを追加料金なし

↑このような表示があるか確認してからご利用ください。

AmazonのKindle Unlimitedについて
  • 雑誌・小説・料理本など幅広いジャンルが対象
  • 同時に20冊キープ出来る
  • 専用の端末は不要(スマホでもOK)
  • 初めてなら30日間無料
  • 継続した場合は月額980円(税込)で読み放題
  • 利用の解約、再開が簡単にできる

Kindle Unlimitedについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事で説明しています。

▼すぐに利用されたい場合はこちらから▼
Kindle Unlimited 登録ページ※Amazonのサイトに移動します