ドロ沼系マンガ感想

『女はいつまで女ですか?莉子の結論』ネタバレ含む感想レビュー!主人公にイライラした理由

女はいつまで女ですか?莉子の結論感想

上野りゅうじんさんの『女はいつまで女ですか?莉子の結論』の感想ブログ記事です。

主人公は女として妻としてモヤモヤを感じながらも、毎日忙しく過ごしています。

一方、妻にダメ出しをしつつ、妻に変わって欲しくない夫。

そんな夫婦が描かれた、タイトルから不吉な予感がするコミックエッセイです。

最終回までを含めた感想についてまとめました。

結末について感想・考察がメインとなるため、最終回まで知っている前提で書いています。未読の方はご了承のうえご覧ください<(_ _)>

『女はいつまで女ですか?莉子の結論』作品概要

タイトル:女はいつまで女ですか?莉子の結論
著者:上野りゅうじん
出版社 : KADOKAWA
発売日 : 2021/11/26

登場人物

●莉子
39歳の専業主婦。
夫とは結婚して7年目。

●莉子の夫
面倒見がよく世話焼き。
平日は残業や仕事を持ち帰ることも多く
休日は接待ゴルフで忙しい。

●圭太
莉子の息子。4歳。幼稚園に通っている。
大人しい子で幼稚園が苦手な様子。

●莉子の母親
40歳という若さで亡くなった。
とても綺麗な人だったらしい。

●直美
莉子の同級生。独身。
莉子夫婦の様子を気にかけている。

●健くんママ
児童館で知り合ったママ友。
花屋をオープンさせたばかりで
3人の子供がいて保育園に預けている。

●ハルト
健くんママの花屋のアルバイト。
気遣い上手で優しい美男子。

簡単なあらすじ

主人公の莉子は夫と子供の3人家族。

育児や家事に追われながら
家族のサポートで毎日を過ごしています。

そんな彼女の中には
満たされない感情の壺がありました。

それは「女としての価値」だったのです。

ごくごく普通の平凡な主婦が
自分の中の女を探す物語です。

こちらもお勧め『男女のドロ沼』マンガ作品情報

▼俺様夫が妻を管理していく恐怖▼
『モラハラ婚~夫に洗脳されていた私~』の結末についてネタバレ含む感想レビュー!これはサイコホラー漫画です

『女はいつまで女ですか?莉子の結論』ネタバレ含む感想

【注意】ここより以下はネタバレ含みます!

私が主人公の莉子にイライラした理由

女はいつまで女なのか?感想
この作品を読みながら
夫の言動にムカつきつつ
なぜか主人公の莉子に対して
今ひとつ共感出来ませんでした。

あまり自分の意見をグイグイ言えず
相手に気をつかうタイプの主人公は
野原広子作品でも、たびたび登場します。

似ているタイプにも関わらず
どうも今回の莉子に対しては
感情移入して読めなかったのです。

一度通して読んだ時は気づきませんでしたが
読み返してみて気が付きました。

それは莉子が自分に対する評価軸が
常に“女としてどうなのか”だったからです。

これは野原作品の主人公には
ほとんど出てこない感情ですね。

※男が出来たから逃げたのではなく
逃げた先に男がいたという準主人公はいます。

▼こちら
『消えたママ友』ラストの闇が深い!ネタバレ無し&ネタバレ有りの感想・考察ブログです

もし女子力を上げるのが好きとか
モテるために女磨きを頑張っている女性であれば
この作品は感情移入して読める作品だと思います。

ワーママ・マウンティングを感じる時代

女はいつまで女なのか?感想
芸能界でもSNSでもそうですが
最近、気になっているのが
女性の中でワーママ・マウンティング
のようなものを感じます。

専業主婦よりワーママ
ワーママでも、パートよりフルタイム
子供の数が多ければ多いほど
なんだか誇らしげな感じ。

こんなに大変な状況でも
それをこなせる能力のある私、みたいな。

いや、実際大変なことだし
すごいとは思うんですけどね。

フルタイム勤務で、子どもも複数いて
しかも身綺麗にしてる・・・
これが現代で最も最強ではないでしょうか。

この『女はいつまで女ですか?莉子の結論』では
児童館時代に出来たママ友が
まさにこの象徴です。

3人の子供を育てながら
自分がオーナーとなって
花屋をオープンさせた健君ママ。

ショートカットに赤い口紅が似合う
素敵なママさんです。

それを見て、夫は言いました。

子供3人・・・
育てながら働いてる割りに
綺麗にしてるんだね

一方、莉子の子供は一人だけで
この時はまだ専業主婦でしたが
身なりはヨレヨレ・・・

息子は繊細で甘えん坊だったため
莉子の時間は夫と子供に
どんどん奪われているからです。

もともと莉子は女性としてどうかが
自分を評価する軸だっただけに
比べて言われるのは相当キツイですね。

夫の発言が矛盾ばかりでモヤモヤする

女はいつまで女なのか?感想
妻の誕生日は数年間忘れても
燃えるゴミの日はしっかり覚えていて
ゴミ出しもしてくれる夫。

(まあゴミ集めはやらないんですけど)

妻がため息をついた時や
髪型を変えたことにも気が付きます。
夫なりに家庭を大事にしている様子は感じられました。

(まあ深くは聞かないんですけど)

気になったのは発言がところどころ
矛盾しているところです。

例えば莉子の外見に対して

「まさかその恰好で行くの?」
「そういうの…あまり気にしなくなったよね」
「莉子も昔はいろいろ頑張ってたよね」

こんな風にダメ出しをしていました。

女としてサボってきた自分が悪いと
莉子は少しずつ努力を始めます。

すると夫は褒めるどころか
面倒くさいそぶりを見せるのです。

いや、あなたが言ったからですよね??

莉子に対して色々と指摘するわりには
変化することに難色を示す場面が多々ありました。

この夫の本心がどうもハッキリせず
読んでいてイライラしましたね。

二人とも親からの影響が原因だった

女はいつまで女なのか?感想
莉子が「女として求められているかどうか」が
自分を評価する軸になっていた理由は
若くして亡くなった母親の影響でした。

「女の子なんだからキレイにしなさい」が口癖だった母。

子供と一緒に遊ぶよりも
これから迎えに来る男性のために
化粧を優先するタイプの母親だったようです。

女の子は女らしくキレイでいないと・・・
誰にも選んでもらえないのよ

女性として見てもらえること
男性から選んでもらえること
そのために綺麗でいるべきこと。

これらが莉子の価値観として
刻まれてしまったのですね。

女磨きを始めた莉子に対して
今のままでいいじゃないかと
夫は言いました。

莉子の外見に対してダメ出ししたり
他の女性を褒めておきながら
別にそのままでいいと言われたらどうでしょう。

・・・てことは女としての私は
もう必要ないってこなのかな・・・

莉子はこう受け取りました。
でもこれは的外れでも無かったのです。

夫自身も家庭は家庭で大事だけど
男としてのワクワクは別枠だったのですから。

莉子が母親から影響を受けたように
夫も両親から家庭像の影響を受けていたのです。

最後に:女はいつまで女ですか?の結末は伏線回収がお見事でした

女はいつまで女なのか?感想
莉子は夫と激しい喧嘩をした翌朝
息子が「ママ、一緒にテレビを見よう」と声をかけました。

身支度をしながら莉子は
今は忙しいからあとでねと答えたのですが
その光景が莉子の母親に重なりました。

今後に起こる不吉な展開が頭をよぎる場面です。

また、古い友人である直美は
莉子に対してこう言いました。

莉子ってさーずるい女だよね
女でいることの息苦しさを感じてるくせに
自分に都合のいいところだけ
ちゃっかり手に入れて

不満がないとは言わないけれど
一般的な幸せを手にしている莉子を
友人はこう感じていたようです。

家庭において“妻”の自分としては
もう多くのことは望まないと
莉子は心の中で思いました。

そして夫も同じように
妻に対して、もう多くのことは
望まないと思ったのかもしれません。

そんな夫婦がそれぞれ選んだ結末は・・・

具体的な結末はご想像にお任せしますが
仮面夫婦って現実にいますよね。

友人の職場の取引先の人とか
直接の知り合いで無い人の情報ほど
けっこう入ってくるもんです。

皆、誰かには話したいんでしょうね。
王様の耳はロバの耳~!

他にもあります『夫婦・男女のドロ沼』マンガ作品情報

▼モラハラ夫と妻の立場が逆転▼
『夫にキレる私をとめられない』あらすじとネタバレ含む感想レビュー!モラハラ妻になった原因は?

読み放題で読むなら(30日間の無料体験あり)

Amazonの読み放題サービス『Kindle Unlimited(通称アンリミ)』を使えば、1冊まるごと全話読むことが出来ます。

スマホ、タブレット、PC等で簡単に使えますよ。

初めて利用される方であれば、30日間無料で利用することが出来ます。

Kindle Unlimited 会員は
このタイトルを追加料金なし

↑このような表示があるか確認してからご利用ください。

AmazonのKindle Unlimitedについて
  • 雑誌・小説・料理本など幅広いジャンルが対象
  • 同時に20冊キープ出来る
  • 専用の端末は不要(スマホでもOK)
  • 初めてなら30日間無料
  • 継続した場合は月額980円(税込)で読み放題
  • 利用の解約、再開が簡単にできる

Kindle Unlimitedについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事で説明しています。

▼すぐに利用されたい場合はこちらから▼
Kindle Unlimited 登録ページ※Amazonのサイトに移動します